menu

田代池

大正池のほとりからハイキングコースに戻り、てくてくと木道を歩いていきます。木道の下はきれいな水が流れていて、見るからに冷たそう。分岐点で田代池の方に行ってみます。

水が澄んでいるので、仮に深くても浅く見えてしまいます。でもここは毎年堆積物がたまっていくのでどんどん浅くなっているんです。

池のほとりの白い砂が太陽を反射して眩しいです。
田代池から分岐に戻ると、まもなく田代橋と穂高橋という連続した橋がありました。
その前に…
クリックで大きくなります。
クマに注意という看板が分岐点や案内板にたくさん貼られていました。

大正池

梓川を渡る

関連記事

  1. 梓川を渡る

    田代池から分岐に戻り、さらに進むと橋がありました。ここから上流に以前泊まったホテルが見えます。…

  2. 河童橋

    大正池から1時間歩いて、河童橋に着きました。あれ?人が少ない?いやいや、これは朝早いから少ないの…

  3. 徳沢

    明神からさらに1時間。アップダウンもどんどん出てきましたよ。林の合間に眼下に見える梓川が少しずつ遠く…

  4. 明神

    河童橋からてくてく1時間弱。若干アップダウンが出てきて、少しペースを整えないと息切れがしてきます。単…

  5. 今回の上高地を振り返って

    徳沢から2時間かけて河童橋まで、行きはゼイゼイ、帰りはあれっという間に戻ってきました。明神から先…

  6. 大正池

    上高地に来るのはほぼ10年ぶりです。今回は実家を拠点に(長野と山梨の県境にある)、夫婦で訪れまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

PAGE TOP